波止場船出


by ha83ha
カレンダー

<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「じゃり」という店に心ちゃんと行きました。
産地直送の野菜、手作り豆腐などなどヘルシーなメニューでっした。

野菜につけるブルーチーズ&マヨネーズソースに感動。
そうだ、作るんだった。

口内炎が日々成長するわたくし、きっと野菜などなど不足してるんやも。
さあ、あの美味いソースをつくっちゃって、新鮮な野菜をモリモリ食っちゃうぞ。

ホント、食べることが一番の楽しみくらいになってきちゃってマスナ〜
[PR]
by ha83ha | 2006-06-17 10:29

スペイン料理

ガスパチョ
最近、2回程食べた冷静の野菜スープ。
スペイン料理らしい。

まずは、友人のナホちゃんが長いヨーロッパ紀行から帰国し、スペインの味を御披露してくれた中に「ガスパチョ」があった。
トマトや、赤ピーマン、タマネギ?、セロリなどなどをミキサーにかけて冷やして飲む。
酸味がきいててジメジメのこの季節にぴったりの味。

次に高円寺のジョンの店でいただいた「ガスパチョ」うんまかった。
あと、ハム、サラミ関連がやはしうまい。

ナホちゃんのおみやげのトナカイのサラミも美味しかったな〜。

ああああん、食べたくなって来た。
[PR]
by ha83ha | 2006-06-17 10:24

大須観音は NG

仕事で名古屋に行った時、大須観音にいきました。
名古屋の有名スポットだもんね。
名古屋出身の得意先の方に、大須観音のおみくじはいいものが、ほぼ入っていなくてだいたい凶というからひかせていただきました。

末吉。

わー厳しい〜とにかく、病気は治らないとか、待ち人は待たないとか、学問、無理とか〜残酷コメントに笑うしか無い。人生、楽なことじゃないってことを知りやがれ!!的な長文が添えられた代物。
こんなの見た事ないと、くくらず持って帰った次の日、朝から、熱田神宮に突然呼び出し!
なんと、大須観音って結構、悪いことが起きやすいところらしく、熱田神宮にいって吸い取ってもらわなきゃ行けないと大騒ぎになっていたのである。

ええ〜ほんまかいな…
熱田神宮におみくじをくくってきました。

会社のトップは皆さん信心深いのではないんかな?

熱田神宮は勝利を呼ぶ神社らしく「勝守」を隠れてゲット!
こんな、緊急事態にも巻き込まれない、緊急事態に勝てるように願うばかりだった。

ホントに突然の呼び出しとかやめてほすぃーと。
髪はびじょびじょのまま〜だったもん。
まあ、そういう意味では、大須NGスポだったんきゃもね…。
[PR]
by ha83ha | 2006-06-17 10:18

顔筋マッサージ

ず〜と、本屋で見つけてはこの人誰やねんくらいに思っていた「7年前の顔になる田中宥久子の「肌整形」メイク [DVD付] 」を購入してみました。


いやいやいや〜すごい!
癖になる気持よさ。
顔ってこってたんだ〜と認識。
完全にはまってしまいました。
最近の疲れた顔を一気に挽回してくれたオススメの一冊。

あとDVD付きの本って楽しいんだな〜と実感。
ヨガとかも買ってみようかしらん。
[PR]
by ha83ha | 2006-06-04 09:59
「キーっ」
聞いた事のない奇声が我から飛び出たのは東京の朝の6時。
久々の肉離れ。こむら返りしちゃったのである。
そのまま、あまりの痛さに気を失い二度寝。
なかなか、ほぐれなく会社に少し遅刻。
「ごめん、今日、肉離れして足がいたくて」
「え!私も、何時頃?」
まったく同じ時間に、彼女も肉と別離&気を失っていたらしい。
呪われた学園!否、呪われた事務所!
また、渡る世間は鬼ばかりより鬼な事が今日も、事務所で起こっちゃうのか!!
「うったえられたし〜踏み倒されたし〜」
と最近のまったくもって我が事務所が白なのに黒疑惑の事件の数々を思い出していた。
それ以上の怪事件が起きるなら、もう怖いものはない等ということも忘れ、数字とにらめっこして一日が終わろうとしていた時、低い声の女から電話があった。
そう、事件ファイル「踏み倒しの女」
用件は私には告げてくれず、ボスに連絡したいという依頼だった。
「ボス、犯人から連絡がありましたから気をつけてください」
と即、メール。
数時間後、ボスより電話。
「勝った!」
なんと、犯人の方から謝罪の電話。
いや、犯人というのはもう、よそう。
ああ、気分爽快!働いた金はちゃんと支払うのが筋ですもの!!
「来週は札束のエンジェルたちとダンスできるぜ!ハー刑事」
「札束のエンジェルですと!天使さんに失礼ですよ。ボス」
 久々に呪いからとけた事務所。

「肉離れはいいことだったんかな」
「もしかして、呪いから離れられる暗示だったのかもしれないね」
彼女の鞠をつくような笑顔が事件の爽やかな終結を更に穏やかにしてくれるようだった。

来週は戦国時代から、安堵桃色時代に突入だ!楽な事しかしたくないゾ!
[PR]
by ha83ha | 2006-06-03 11:06

早熟な女の子

先日すこぶるパワフルな13歳を目にした。
跳ねが違う。
肌に水がはじくかはじかないかとかで女の若さをはかったりしますが、存在自体がはじけていた。
ただ、子供のはじけっぷりではなく、濡れた目と憂いの唇、漂う色気は大人顔負けという外見を纏う、おてんば娘…かと思いきや、場をちゃんと、子供なら言って許される事を選んで、緊張感を和ませることができる早熟な13歳だった。

大人顔負けのトーク美女でしたわ。
彼氏はなんと、20歳らしいです。7歳の年の差。いやはや、彼女なら7歳くらい上の男性でないと相手にできないでしょうな。

自分の13歳は小6から毛が生えた程度の鼻たらしで、中3の女子が愛だの恋だのセックスだの言っているのを聞き、なんのことかさっぱり分からなかった。
「ああ、あの人のことあきらめるわ」
とか、窓越しでカーテンの隙間から見えるサッカー部のキャプテンを見つめながらつぶやかれても、まったくピンと来なかった。
「あいつ、あんなのこと好きらしいからさ」
と、その聖子ヘアでスカート規定外のロングの鋭い目に言われてちびりそうになった私。
そう、俗にいう「よびだし」っつーやつ。
でも、待ってください、全然関係ないじゃないですが、どう見ても…だって、その頃のわたすはショートヘア、長江健次似、女子というよりサル、制服は学校の言いなりにきていた私にはまったくもって世界が違いすぎた。
だって確かに中3は女だったもん。
キレイだったな。
その後、夜ご飯を食べた、夜8時頃、キャプテンから電話があり呼び出された。
なんと中3のキャプテンは、無免原付であらわれ告白をされたがまったくのキョトン。
「お酒の力を借りて来たよ」
と言われたのも印象深い。
「お酒の力って、効力あるんですか?」
みたいな…。
今なら充分理解可能な酒の力。
また、酒の力こそ無力だということも知った30代…ああ、大人になったなあ…なんちって。

13歳の精神年齢は今、加速していること間違いなし。
某ティーン御用達のガムメーカーの人と先日、話していたら、本当に、その加速は尋常じゃなく小6くらいからバージンショックがあるらしく、既に20代になるころには、充分、熟してしまい、
更年期も加速するという噂。
体は知った時から大人という認識を覚えるとか…。そのサイトの会員は、ほぼ10代なんだけど
やはり恋の悩みだらけ…確かに恋っくらいしかやることないとは思うけど。

そんななか、清々しい、なつかスィートな奴もチラっと見れてよかったわ…
「中3の最後1ヶ月で好きになった人と気がついたら高校が一緒でした…運命でしょうか?どうやって告白したらいいでしょうか?」
こういうのホッとするわ〜

なんか完全に、おばはんトークになりつつあるのでこの辺で…
[PR]
by ha83ha | 2006-06-03 10:37