波止場船出


by ha83ha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

レバノン料理

レバノン料理 初喰い。
うまかったあああ。
代官山にあるマイレバノンという御店。
野菜たっぷり、ピタパンに豆とゴマのペースト、ニンニクペースト、ちきん、ビーフのホソ切り、
などをチョイスして挟んでパクリ。こりゃあたまりません、新鮮じゃのう。
セロリのすっぱいサラダ最高。爽快な気分。
レバノンビールも美味しかったし。オススメ。

しかし、この日、朝からスピーディワークで、お酒もまわったわん。
くるくるくるくる。
「酔ってません」ってまた、よっぱらいの戯言。
なんで、酔っぱらうと嘘つきになるんでしょうかね?
酔ってないって嘘を何千回もついて、毅然にふるまう…修成っていったい…
別に嘘つくことでもないんやけど…

とにかく、お酒もすすむ、気の利いた味でした。
[PR]
by ha83ha | 2006-02-18 10:22

ヌーヌの日

ああ、あっというまに一週間。
ふううううう。
お疲れモードでっす。
いま、仕事がほんまたてこんでおりんす。

大阪に行く前日、実は熱が出て、下げで新幹線のって、実家の奈良について、日本橋のfというスタジオに駆け足練習寺。 はあ…日本橋ってこんなに泥臭い町やったけ…
どうやらウィンズ(馬券売り場)の帰りの客が道をうずめ、疲れた、おじいの大行進。
1対数十名のおやじ、まさに道はあるきずらし…。

ケロちゃんなんかは、素敵なカクテルドラムに一休みされたとか…
おっさんおっさん…なにしてんねん。なんて風景、東京では、あんまない。

次の日のライブは、何となく成功した気がしまっす。
「すごいよかったです。もっと練習したらもっとよくなるとおもいます」とギターのまるちゃんが
言われたとか…はあ…心苦しい。何年やってんねん…ブランクもあるけど。
すんごい初々しいような、そんな気分で、まあええか…。

バニーズのりーこちゃんと、ほんちゃんとも御茶できてよかったなあああ。
ほんちゃんとは、少しショッピングデートもできたし…
慌ただしく過ごした大阪。

次の日の早朝、新幹線で戻り御仕事。

ああ、豊な時間の使える大人になれますように。
もっと遊んでるだけでいいならなあ ぽわーん 。
[PR]
by ha83ha | 2006-02-18 10:17
ロックンロール誠意大将軍 vol.1
夢逃技/DORAMARU(東京)/TxPxP(東京)ザ・ノイローゼボーリングセンターズ/ヌーヌ
メインDJ : モリヤン
[ROCK]
OPEN 17:30 ADV 1500 DOOR 2000

ライブだよ!全員集合(古い?)
実は、このイベントのテーマとか、一緒にやるバンドのことをあんまりにも知らないのだ。
しかも、明日なのに、今、気づいたのは題名に吃驚!

ロックンロール誠意大将軍!って?ハテナな響きだよね?どういうことだあ…
まあ、そういう点では、イブ石器時代っていうのも、どういうことやねんと首かしげ?
だったと思うけど…。

ロックンロールはさておき、「誠意」という文字で浮かぶのは、羽賀だよね。アンナに対してのあれな…大将軍…っていうのは、居酒屋チークな感じ?かえ〜(まあ、どっちにしても、希薄なイメージをしちゃった私。)

まあ、駄洒落なんやんな?

ロックンロール誠意大将軍ってジズラから、御笑いのイベントなのかなああああ。
また、一緒にやる友達のバンド名が、なんと「夢逃技」で「むとうぎ」と読む、あれれ、これは、まさかまさかの「虎舞竜」へのリスペクトなのかなあ!ああん…ジョージ…。嫁の露出によって、知ったけど、嫁は、13章分を聴きながら家事を一通りこなしているらしいとか…。13章もあれば、一通りいけるやろうな…。でも、悲しくなるんじゃないの?という問いに「途中からロック全快なので、はかどります」という回答。どっちにしても、うざい…。なんて…夢逃技さんには関係ないね。(柴田恭平のマネしちゃった。てへ。古いね。これまた)

とにかく、明日、暇だったら、ライブ来て欲しい。来て欲しい。来て欲しい。
13章ならず、13曲くらいは、まんざらでもない、短曲のヌーヌ、ご期待あれ!
[PR]
by ha83ha | 2006-02-11 07:35
あかん、日々の生活に、耳元ヘビーローテーション。
♪キャンパス、大人、子供〜♪

このフレーズは、愛知の奇才達が集結した「のうしんとう」の曲。
天国に一番近いと感じた、ただただ、楽しさ満点の楽園みたいな音楽だわん。
ああ、本当にえがった…ライブ最高だよ。
そして、メンバーは、マジ、イケメン揃いでっす。
イケメン貯金しまくりたかったが、写真撮影より、ダンスに夢中にさせられたアタイ。
こころに、チャッりーンと貯金箱しちゃった。
表情が、ヤバい、天国ビジュアル系!

ああ、このまま、ここが南国だったら最高なのに…。
[PR]
by ha83ha | 2006-02-09 07:23
ひょうたんライブも見たでー

目から鱗、というよりも!(三枝風)目から、ひょうたんしちゃった。
ニノミーの歌、酸っぱいね。
苦い柑橘類ぽい。いい意味で、顔さえみなきゃ、思春期男子の響きあり。

おくひらさんも、安堵の雰囲気で包んでくれそうなベース、そいでもって、元気一杯、ドラムのヤスオさんは、とってもチャーミング。
天然とれたて感覚。

柑橘類の香りは、アロマ的に、笑顔を生む香りと言われてるけど、アタシが勝手に感じている
ひょうたんの苦い柑橘系の香りは「ニンマリ」なんだよね。
「ニンマリ」させられちゃうんだよね、中年少年達に…。
ぷんぷん(あえて、珠緒で)
[PR]
by ha83ha | 2006-02-09 07:16

嗚呼…

感嘆の声がもれたり、体が固まったり、ゾワゾワしたり…。

teasiのライブは、そんな感覚におそわれ、どうしても、耳をそばだててしまう、集中力の結集により、普段の粗雑な部分に、後遺症を及ぼすくらいグッタリする。
 くやしいけれど、丁寧に音を扱わずにいられないライブ。メズラしい音楽かもしれない。

  メンバーも音をあわすというより、呼吸をあわす感じ。
 ピアノのあっこちゃんは、完全にメンバーから背をむけていたのにバッチリ、空気を察知して、タイミングを逃す事無く、ピアノ貝殻から音の真珠をポロポロと出したり、また、ダンディの足音のような低音も、クールにやっちゃう 
 4月にアルバムもでる、愉しみだなああああああああああああああ。

亀ちゃんに長城というオール400円の中華料理に、連れてってもらった。
ええ仕事もするなあ、亀!あんなん味の価格破壊やんかいさ!
エビチリとかも400円やねんで…。
ああ、気が利いてるねteasiちゃんって。

去年は2回しか、ライブをしなかったとか…
今年はもっとたくさんやってほしいもんだよね。
[PR]
by ha83ha | 2006-02-09 07:11

古い喫茶店

恵比寿ランチ事情が乏しくなって来たわてら。
最近、喫茶店に行くのが流行。

駅前のストックというカウンターのみの古い小さな喫茶店御存知?
渋い素敵な紳士が最高のサーブでおもてなし。
常連客への細かいおもてなしには涙。

お水と一緒に、そっと新聞を添えられる人。
チーズと一緒に塩を差し出される人。

それもそのはず、40年くらいその御店に通ってる方々だとか…。
そして、その歳月、ずーっと作り続けているカレーは絶品。
優しいキーマカレー風。ミートソースに近いもの。

ああいう御店をいずれはやりたい…なんちゃって。
自分の、おもてなしの許す範囲の大きさ、真綿に包まれるような感覚の喫茶店。
行きつけ願望も燃えた。
一人でもコーヒーを飲みにいって、マスターと談笑できる小さな空間は、本当に、ごゆっくりしちゃう、憩い倶楽部だわさ。
ああ、また行っちゃうぞ!

そいでもって、公園、恵比寿神社近くのサンエイという喫茶店にも入ってみた。
入り口に手書きのメニューが貼られ、全貌が分からず、中々、侵入にまで、いたらなかったココだけど、ストックのように、入ってみなきゃ分からない事を学び、扉を押すことに。

わー中は、長ーいカウンター。しかも混んでいる。
お母さんみたいな優しさ溢れる御店でした。
ハンバーグ、目玉焼き、イカフライ、ごはん、みそ汁で700円という安さ。
メニューの豊富さに迷い道しますが…。
ホタテフライ、生ガキのフライ、生姜焼き、サケバター、コロッケ等が、色々なパターンでデュエットする組み合わせの定食が、壁中、手書きで飾られている。
味も、おふくろの味(作っているのは男性ですが…)
ハンバーグは、うっとこの、マミーの味そっくしでした。ああんママ!
こんな近くに実家味があったなんて…。
[PR]
by ha83ha | 2006-02-01 02:57

バヤデルカ

というのはバレエの演目。

寝不足の中、バレエを観に行かせていただいた。
いやいや、たまには優雅でいいわん。
席も前列の方で、生オーケストラも最高。
オーチャードホールは本当に音が素敵。
なんとこの演目、舞台がインドの悲恋の御話で、衣装もインド風味、カラフルで、楽しい踊りも多かった。最後は、世界崩壊で終わる型破りなスケールのでかさも笑えたし。
でも一番笑えたのはインドの金の仏像役の男子が全身黄金の全身タイツで筋肉バリバリの軽快なダンス。えーえーえーなんだこりゃああああ。
しかも、はっきすと、金だけに、大事な部分もクッキリと!刺激も強い代物。
ああ、ああ、笑いました。
なんて、もちろん美しい繊細な踊りも、夢のように繰り広げられておりましたので御安心を。
[PR]
by ha83ha | 2006-02-01 02:45