波止場船出


by ha83ha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

罰は高熱。

先週の泥酔野放し事件により、風邪をひいた。

そりゃそうだ、上着を落としさまよった夜…。自業自得、だましだましにしていたけど、月曜日、ダウン。
そいでもって、今回の風邪、病院にいき、薬をもらうと意外に早く治るかもっす。
ずーっとだましだまし、ドリンク剤とか、市販の薬を飲んでいたんだけど、病院の薬を飲んで眠ると、嘘のように体が軽くなりふっかっちゅ。

みなさんも、病院にいくことをお薦めしまっせー!
[PR]
by ha83ha | 2004-10-24 11:19

エコーした、ウキウキ。

またまた、先週のお話。
円盤の次の日、また、高円寺に行く。

20000Vというライブハウスにいきやっした。実は初でした。
昨日の、アットホームな空気とはうって変わって、スキンヘッドのゴリゴリな人がいたりと、最近味わってなかった雰囲気。

タートルアイランドというお祭りバンドにTEASIの一平くんが助っ人に来てたので
見にいったのであった。和太鼓、シタール、ギター、ベース、パーカッション…などなど14人の大所帯バンドで豪快に爽快、ボーカルが、ちょっと気をゆるむと、北島三郎に見えちゃうくらい、男祭り&パンク?
まあまあ、とにかく、考え御無用、踊らにゃソンソン的でハッピー気分。

ああ、ちかれたーとか油断してたら、ちょっとちょっと、いいんちゃうの!
って好みのタイプが現れた。
ECHO最高。本当はちょっと熱ぽかったんだけど、一気にふっとんで、体もふっとんでしまいました。年がいもなくジャンピング上等!!しちゃった。えへへ

ポップきわまりないハードコア!完成度の高さに唸りました。
っつか、知ってる人の方が実は多いのかもしれない、このバンド。
見てよかったっす。メンバー4人のライブする姿が本当に、見事だった。
ボーカルの歌ってる時と歌ってない時の顔の感じとか、ベースはときめかない人がいないっくらいイケメンでジャンプすると天井まで足がつきそうで、その時はもちろん
演奏なんかそっちのけ、もちなんにも弾いてません!!そういうの大事!
ギターの人の前髪もカーテンみたいで最高、うまい演奏、ハードコアに、裏切りのフレーズをかきならす!きゅんきゅんきゅん!『星、みっちゅ』(堺のものまねで)

こういうのはライブを見なきゃ味わえない醍醐味だなっておもった。
終わってからラブコールを久々に送っちゃいました。
[PR]
by ha83ha | 2004-10-24 11:07

緊張をごちそうさま。

円盤田口さんのプレイを見たのは先週…場所はもち円盤だった。

ありゃ?いつになく、ぐらぐらな風情の田口さん。
自分の巣でのライブにまさかの緊張!!
わ、わ、わ、凄い、ナーバスバットグラマらッッ巣。

キュン。大人の男のこういう緊張する姿、はっきりいって好物でございます。

見ていて恥ずかしい緊張感はゴメンだけど、緊張することによって生まれる誠実さは見ていて美しかったです。
演奏する姿が、はちゃめちゃにりりしかった。

エフェクターが踏めないからって、裸足でプレイしていた田口さん。
演奏によって入る力が、裸足の足に筋をつくり、つま先はずーっと立ったまま。
セクシーっした。

「失敗してごめんね」とか後で言ってたけど、全然わからなかったし、そこまで
普段冷静な人が緊張して演ってるってのが面白美しかったっす。

いつも、家みたいな気分の所が緊張したライブが出来る所だと気づいたっていう田口さんのお言葉にも泣けた。

いい日でした。てへ。
[PR]
by ha83ha | 2004-10-24 10:46
酔っぱらいを知るものは、酔っぱらいに優しい。

今回、身にしみたこと、さらにコレだった。

日頃、御一緒して泥酔失敗組からは非常に優しくされた。
なんやったら、こっちにきたか?もしくわ、明日は我が身的なはからいんぐ!

仕事場にて…。↓下記参照の出来事をぶら下げた私の顔は青白く、覇気もなく、濡れた犬のようだった。
「ホント、ごめんなさい、仕事場で電話かしていただいて」
「しょうがないよね、だって携帯ないんだもんね」
「すみません」
先輩も酔うタイプでホントよかった。そして、私はタクシー会社に現金書き留めをしにいかせてもらい戻ると、目を疑い、そして、景色が涙でゆがんだ…。
「いいんっすか?」
なんと、大きなクッションとブランケット、こぶ茶、漢方薬、オロナミンCが用意されていて…優しくそこに寝かしてくれた…。イイ職場でっす。

しゃかりきにやりんす!あたい、ココで働くッス!と思いつつバタッと倒れ寝かせてもらった。

 コレは、苦しみを分るものだけが施してくれる優しさである。
 それでもやめられない、そして、やめてほしくない『酒を』という
 メッセージでもあった。

金曜日、先輩と飲みます。おゆるしあれ。
[PR]
by ha83ha | 2004-10-20 01:53
朝から史上最低な日だった。
警察から家、それもなんにも思い出せず、もう一度、銀行に電話をした。
全部見事に止まっていた。
上着も荷物もなくすなんて、ありえない、きっときっときっと店だとおもって
夜まで待ってナイトクラブに電話したら、昨日警察から電話もらっていいましたよねって感じでなくなってることを告げられ。
今度こそ本当の顔面蒼白。

ダッシュで、落とした所にいったり焦って捜しまわった。
ナッシング。
そりゃそうよね。
記憶以上になくしたももは大きいけど、家に無事に帰れて命があっただけでもよかったわと納得するっきゃないと、近くの交番に念のためいくと、私の名前で届けものがあったということだった。

奇跡的に全部全部全部もどってきたんっす!きゃああああ。
タクシーの運転手さんも心配して三度も電話をくれた。
派出所の人も、すこしずつ 記憶を思い出すとすごく優しくしてくれて、イケメン揃いだった。
居心地がよくおまわりさんとトークしてたことも思い出した。
「もう帰ってくれるかな〜」って言われて帰ったんだッけ…とほほ。

とにかく、一番迷惑をかけたのはタクシーの運転手さんだった…。
私は乗車して降りるのに2時間もかかっていた事を、営業所に電話して知り、赤面した。それなのにタクシー代が高いとか文句をいってしまったりして…。

 そんなあたいを、、、、ただのよっぱらいのあたいを…。
 しかも全戻り… なんたる…。幸せ。

ホント、勉強になったっす。
今回の事で、マジ、本気、酒とのつきあいを、静粛にいたします。
[PR]
by ha83ha | 2004-10-19 21:18
記憶ってなくなるものなのね。


今、なんでここにいるのだろう。
そう、思った時にでた『はっくしゅん』くしゃみ。
横で怒っている男性。
前には前には…
おまわりさん。わんわんわわん〜〜〜〜〜って。ここ、どこ?
ただいま派出所!にゃんとも、やっちゃいました。てへっ。
時刻は午前3時。
私は、身ひとつで酔ってタクシーに乗っちゃって、無銭乗車と、荷物も鍵もないことを心配して、運転手さんが連れて来てくれていたみたいでした。
うっそー。顔面蒼白になることも知らないタダの酔っぱらいの私は、運転手さんにもおまわりさんにも、失礼なことをいっちゃった。
それなのに、落とした物、銀行のカードなどを一緒に止めてくれて、鍵やさんまで
よんでくれ無事おうちに帰れたわけで…。

本当に人間として最悪でっす。

御迷惑をおかけした方々すみませんでした。
[PR]
by ha83ha | 2004-10-19 21:09

アメリコ。

あたし、アメリコに入りました。
アメリコ、なんとなくアメリカが毛だるくなった響きでお願いします。
アメ&リコどちらも、ちょっこすガ−リ−な響き。
スイート&ポイズンな感じかなあって何?
とにかく、見た方がいいんじゃないかなん。

ちょっと忘れたくても忘れられない間違えのようなこの響きに間違いなく、魅了されることうけあい、『アメりコ』もう、あなたの後まで来ています。

11/6円盤にてお会いしましょう。
[PR]
by ha83ha | 2004-10-13 22:25

25周年同窓会入手。

皆様、ありがとうございます。
めでたく金八25周年同窓会ビデオを入手することができました。
15日から第7シリーズもみます。
[PR]
by ha83ha | 2004-10-13 22:20

金八のある場所。

高円寺『ぼかん亭』。

やばいっす。あそこは武田ないずされとるばい!
トイレに20周年記念の金八本を発見!その後、マスターに『スキなんですか?』と聞くと、聞くのが野暮というくらいの勢いで金八DJ略して金Jがくりひろげられた。

「真すぐの歌」から「贈る言葉」まで。
その後、武田ナイズは続き、「刑事物語」、、そして最新の「教習所物語」のチーターとのデュエットまで、なんたる粋なはからい。
 もう、飲むならココだねっと飲み過ぎた私達に最後、贈る音楽はそうです、武田のあれでごあっす。
「飲み過ぎたのは、あなたのせいよ〜男と女のラブゲーム」否、「飲み過ぎたのは武田のせいよ♪」であった、その夜、台風で足留めをくらい、家についたのは1時半になっていた。「がんばで、がんばで、たのむがんばでがんばってくで」耳元で勇気づけられるこの曲ももちろん武田であった。
[PR]
by ha83ha | 2004-10-13 22:18
どんどんどつぼにはまっていく。

不真面目なところも真面目な所も、本気で取り組むうちに、ただただ、遊びがどんどん締め付けられて行く。
なんでしょうか?こういうの。

ゆったりと行こうとおもうのに、ぐったりとしてしまう。

あっさりとするつもりが、じっくりと渦の中。

何回目の裏、守りはしっかりとかためているけど、それもよくない、次回の表で攻めなくては、また0に戻ってしまう、ホームランを打ちたい。
[PR]
by ha83ha | 2004-10-13 22:12